【コロナで無職!】実家暮らしを始めたアラフォーバツイチ

セミリタイア状態となってしまったオジサンが株式投資を武器に何とか生き残る道を模索する

【無職の副業】高齢者の生活もサポート!「超ポイ活」を考案してみた。

f:id:dg106:20210703104259j:plain

ポイ活で無職生活を少しでも豊かに。

ポイ活

「ポイ活」という言葉があるらしい。

ポイントを貯めたり使ったりして、お得に生活しましょう的な感じのようだ。

 

僕も古くはTポイント、ここ数年ではPayPayなどでポイントを貯める機会が多い。

貯めるというか、買い物したら自動的に貯まっている。

 

実家で暮らすようになり、両親のニコニコ現金払いを見ていると

これまでどれだけのポイントを逃してきたのかと思う。

 

アンケートに答えたりして、毎日コツコツとポイントを稼ぐ人もいるらしい。

塵も積もれば山となる。

暇な時間が山ほどある無職にはピッタリの作業だ。

 

僕もやってみようかな。

 

 

買い物代行

僕は買い物はたいていネットでしている。

次々と実家に届く荷物に両親も興味を持ってきた。

 

欲しいものがすぐに見つかり、わざわざ買いに行く手間もなく、

店舗で買うよりも価格が安い場合もある。

 

こりゃ便利だとようやく悟ったのであろう。

僕に買い物代行をお願いしてくるようになった。

 

僕が代わりに商品を注文し、その代金を両親からもらう。

(なんならちょっと多めにくれる)

 

しかも、僕には後日ポイントも振り込まれる。

これは楽すぎるポイ活だ。

 

「親から搾取してんじゃねーよ」という感じだが

株主優待券などは全て献上してるから許してほしい。

 

しかし、これをビジネスにできないものだろうか。

 

 

超ポイ活

世の中には買い物代行のサービスがある。

例えば代わりにスーパーに行って買い物をしてきてもらうなどだ。

逆に移動販売車でスーパーの方から来てくれたりもする。

 

足腰が弱いお年寄りや忙しい主婦を助けるサービスだ。

 

しかし、無職がそれを開業するには

店舗を構えたり商品を仕入れるなどハードルが高い。

 

わざわざ買い物に行って配達をするのも面倒だし、

配達エリアも限定されてしまう。

 

そこで考えたのが、前述のネットショッピングを利用しての

買い物代行サービスだ。

 

利用者は僕に電話やメールで欲しいものを伝える。

僕がそれをネットで購入し、商品を発送してもらう。

 

利用者は購入代金のみを僕に支払う。

(その方法はとりあえず気にしないでくれ)

 

手数料も受け取らない。

純粋に商品価格だけでよいから損はしない。

 

利用者は欲しいものが簡単に最安値で手に入り、

僕はちょっとした作業でポイントがガンガン手に入る。

お互いwin-winだ。

 

若い人なら自分でわけもなくできることだが、

高齢者はパソコンやスマホを持ってないから出来ない。

 

僕は数年前から両親にPCやiPadをプレゼントしているが、

ネットで買い物など一度もしたことない。

 

高齢者は新しいことにチャレンジしないのだ。

そこに商機を見出してみた。

 

ちなみにこれは税金を払う必要があるのだろうか?

利用者から手数料を取っているわけでもなく、

僕は利益を現金で得ているわけでもない。

 

買い物弱者の手助けをした結果、

システム的にポイントが入ってくるだけだ。

 

ネットワークさえ築ければ超簡単にポイントが貯まるポイ活。

高齢者だらけの田舎であれば需要があるのではないか。

 

 

まとめ

知っていれば簡単なことでも、知らなければ出来ない。

調べればわかることなのに、面倒くさいから調べない。

やれば出来るのに、疲れるからやらない。

 

だから世の中には色々なサービスがあるのだろう。

 

僕は昔、ある企業からチラシのデータをもらって、

それを印刷会社に転送し印刷内容を指示するだけで

10万円の利益を得られるという超絶ボッタクリの仕事をしていたが、

そういうことである。

 

情報弱者は得をしない時代。

 

そして、彼らは騙される。