【コロナで無職!】実家暮らしを始めたアラフォーバツイチ

セミリタイア状態となってしまったオジサンが株式投資を武器に何とか生き残る道を模索する

【無職の農業】家庭菜園を始めた無職!作物を育てるスキルを学ぶ!

f:id:dg106:20210426110708j:plain

これで4000円。この金で大量の野菜が買える気もするが、それは言わない約束だ。

自給自足できれば強い

生きることは、食べること。

作物を育てるスキルを身につけ、無職でも餓死しない状態と、この先起こると言われている食糧危機にも備えていこう。

 

それにしても地方には巨大なホームセンターがたくさんある。

お客さんもいっぱいだ。

コロナで暇になって同じように家庭菜園やDIYを楽しんでいるのだろうか。

無職になって呑気に家庭菜園している人は少数だとは思うが。

f:id:dg106:20210426110653j:plain

我が家に庭の一部。これから畑のスペースを拡大していきたい。

トマトとゴーヤを植える無職

僕は農作業の経験はないので、父親に言われるがままに作業スタート。

まずは畝(うね)と呼ばれる土の盛り上がりを作った。

写真の奥側にすでにあるのはじゃがいもらしい。手前のはなんだろう?

 

スコップで庭の土と買ってきた土を混ぜる作業から行った。

昨年も何か育てたからか、特に抵抗なく耕すことができた。

なんだか楽しくなってきたぞ。

f:id:dg106:20210426110724j:plain

ゴーヤはプランターで育てます。可愛いなあ♪

f:id:dg106:20210426110714j:plain

トマトの苗。これ一つでどのくらいの実が成るのであろうか。

これからどんな手間がかかり、どのくらいのスピードで育っていくのか全くわからないが、無職であることを活かしてしっかりと育てて行こう。食べ物に対する感謝の気持ちも高まるかもしれない。

f:id:dg106:20210426110730j:plain

紐でトマトの苗を固定した。こうした一手間が大切なのだろう。

これまではデジタルな世界で生きてきた。

せっかく地方に戻ってきたのだ。

ここだからこそできる体験をしていこう。

 

ちょっとした作業だったが、少し人生が豊かになった気がする。