【コロナで無職!】実家暮らしを始めたアラフォーバツイチ

セミリタイア状態となってしまったオジサンが株式投資を武器に何とか生き残る道を模索する

【無職の求職】地元の求人を見て、そっとパソコンを閉じた無職

f:id:dg106:20210425082309j:plain

働いても悩み、働かなくても悩む。バランスが難しい。

コロナ禍の地方に仕事はあるのか

僕が今住んでいるのは、人口50万人くらいの地方都市。

都会とは言えないが、田んぼや畑だらけの田舎というわけでもない。

しかし、求人を見ていると都会のものとは全く印象が異なっていた。

 

よく見る職種としては、

・飲食系

・製造系

・運送系

・建築系

・設備系

などであろうか。

ガテン系ブルーカラー系である。

 

ホワイトカラー系は、都会ではくさるほどあった営業職すらあまりない。

僕がやっていたクリエイティブ職なんてほぼない。

 

そう言えば、マッチングアプリで知り合う地元の女性の仕事は、

看護師・介護士・公務員あたりがすごく多い。

 

やはり地方は仕事の幅が限られているようだ。

 

 

お給料について

給料を見てみると、都会に比べて下限の額が5〜6万円は低い印象だ。

年収300万円もいかないものがほとんどではなかろうか。

 

その分、都会は物価や家賃が高いなんていうが、地方は車が必要なため支出はそこまで大きく差はないような気がする。

 

正直、日給1万円くらいなら株取引で一瞬で稼げる今の状態で、これらの仕事に就こうとは思えない。

 

もちろん安定性ややりがい、新たな人間関係の構築など得られるものはたくさんあるだろうが…

 

その前にまだ車の運転ができない。

 

今朝は起きたら父親が「今なら走っている車が少ないから練習に行くか」

というので、初めて信号がある普通の道を運転してきた。

 

寝起きでいきなりだったが、事故らず無事生還できたのであった。

15分程度だが。

 

 

楽な仕事をしてきた

自分のやってきた仕事を振り返ってみると、20代前半のころは毎日夜中まで働く環境であったが、だんだんと楽になっていき、この数年は基本定時帰り(実働7時間半)、土日祝休み、早上がりもあり、サボる日もありという超絶楽すぎる勤務状態だった。

 

仕事中も管理されることなく、発生した仕事を期限までにこなせば良いだけなので、飲み食いしながらでも、株取引しながらでも、会社を抜け出して散歩に行っても、副業をしていても大丈夫だった(バレないので)服装・髪型も自由だ。

 

結婚をし、子供もいてマンションのローンもあったが、副業バブルのおかげで後輩には毎回おごるほどの稼ぎもあったので、本当に不自由なく生活をしていた(車を買わなかったり、中古マンションにしたりと大きな散財はしないようにしていたが)

 

こんなことをしてきたので、もはや普通の仕事を普通にするという感覚がない。

もちろん自分の資産が右肩下がりで減っていく状態であれば焦るだろうが、そうではないからやっかいなのだ。

 

 

まとめ

今日もマッチングアプリから「いいね」がくる。

職業を見ると教師だ。

 

やめておきなさい。

僕はあなたのような清く正しく生きてきた人間と関わるような存在ではない。

もっとちゃんとした人にアプローチをするのです。

 

しかし、僕のような無職女性からは連絡がこない。

そうした人は専業主婦を夢見て、まともな男性を探しているからだろうか。

 

逆に、ちゃんとした女性はダメ男に引っかかるともいう。

しずかちゃん的な感覚で無職(のび太)に接しているのだろうか。

 

世の中は正負の法則。

こうして何となくバランスが取れ、みんな何となく生きているのかもしれない。