【コロナで無職!】実家暮らしを始めたアラフォーバツイチ

セミリタイア状態となってしまったオジサンが株式投資を武器に何とか生き残る道を模索する

【株・仮想通貨】投資を怖がる人も車の運転はする

f:id:dg106:20210416102020j:plain

未知のものを恐れるのは人間の心理…知ることにより得られる利もある

「株や仮想通貨に投資しています」

と、投資未経験者に話すと、危ないことをやっているように見られます。

僕も昔はそう思っていました。

 

でも、なぜ危ないと思うのかと言えば、暴落・詐欺・破産といった投資に対するネガティヴなイメージだけでそう思っているんですよね。

 

正直僕も「投資とギャンブルの違いを説明しろ」と言われても、万人を納得させるような説明はできません。

 

でも投資に限らず、何事もリスクあってのリターンだとは思っています。例えば、車の運転です。

 

 

「何事も表裏一体」

車は非常に便利な乗り物です。

・目的地到着までの時間を短縮できる

・雨でも濡れない

・多くの荷物を運べる

・気分転換のドライブ

など、たくさんのメリットがあります。

 

しかし逆に、

・交通事故を起こす可能性がある

・誰かの命を奪う可能性がある

・高いお金を出して買う必要がある

・維持費や税金など定期的にお金がかかる

など、たくさんのデメリットもあります。

 

多くの人はその良し悪しを天秤にかけ、「車には乗った方が便利だ」と判断し、車がある生活を長年続けているのです。

 

ただ、もし車のデメリットしか知らない人は車に乗ろうと思うでしょうか?大切な命やお金を失うリスクがあるものに乗るとは思えません。

 

投資もこれと同じだと思います。

 

車が目的地まで早く連れて行ってくれるかのように、投資は目標の資産額まで早く到達できる可能性があります。

 

車で万が一のときに備えて保険に入るように、投資でも早い損切りやペアトレードでリスクヘッジを行います。

 

それぞれリスクとリターンをコントロールし、自分の生活をより向上できるように上手に付き合っていくのです。

 

 

だから見聞を広める

「これは危ない、これはダメだ」

と頭ごなしに否定すれば、自分の人生にプラスとなる可能性を自ら遠ざけることになるかもしれません。

 

確かに魑魅魍魎が蠢く社会ですので、何にでも簡単に飛びつくのは危険ですが、その正体を見極める目を持って取捨選択していきたいものです。

 

無職で実家暮らしというと、ものすごい狭い世界で生活となってしまいますが、今はインターネットで色々な情報にアクセスできます。

 

社会のはみ出しものになっても、時代には取り残されないようにしていきたいものです。